カテゴリ:絵付けを愉しむ( 38 )

染め付け祥瑞

<祥瑞>

祥瑞は二作目です。
民芸調のこざっぱりした模様です。

d0069411_7394337.jpg


八角形のお皿ですから模様の分割は楽でした。
d0069411_7394938.jpg


小紋柄を描き、ところどころ淡くだみをして仕上げます。

d0069411_740032.jpg



図案ー陶画舎提供ー
[PR]
by nihao_keikoo | 2012-04-05 07:42 | 絵付けを愉しむ

椿図

<椿図大皿>

釉彩、呉須、上絵で描いた椿の大皿。

d0069411_2294095.jpg


白い椿は白マット釉でぬり、葉は織部釉。
一度焼成してから金彩で縁取りを入れています。

d0069411_2292140.jpg



うすい青の椿も清楚な感じがします。
これは焼きぬき呉須を薄めて描いています。
花びらはほとんど色が出ないくらいまで薄めて描きました。
金彩で縁取りを入れるとしまります。

d0069411_21591989.jpg





陶画舎提供
[PR]
by nihao_keikoo | 2012-03-20 22:25 | 絵付けを愉しむ

釉彩 葡萄と栗鼠

<葡萄と栗鼠>

12月17日(土)
快晴です。
青森や鳥取県の雪の様子をニュースでやっていましたね。寒いはずです。
今年一番の冷え込みだとか。

さて今日の絵付けは八角皿に葡萄と栗鼠です。
落ち着いた淡い色使いで何を盛りつけても合いそうです。縁の金彩が華やかです。

d0069411_20303210.jpg


焼成は2回。
先ず鉄赤絵の具で栗鼠の輪郭と背中の縞そして枝等を描き、織部釉で葉っぱを伏せます。
次に呉須と飴釉で葡萄を描き白マット釉をかけて1回目の焼成です。

d0069411_21183092.jpg



1回目の焼成のあと、金で葉脈と実を描き、栗鼠に上絵の具をのせ、縁の金の模様を入れて2回目の焼成をして完成です。

d0069411_20303693.jpg


20センチの角皿
デザイン提供-陶画舎-
[PR]
by nihao_keikoo | 2011-12-17 21:25 | 絵付けを愉しむ

釉彩金魚図

<金魚角皿 3種>

葉っぱや水の輪は釉薬で、金魚は主に上絵で仕上げていますので、3枚とも二度焼成しています。

水の輪、涼しげに見えますか。金魚は朱赤と書き黒という絵の具で描いています。

d0069411_2054446.jpg


葉っぱ。茶色のは飴釉、緑は織部釉。
d0069411_2054178.jpg


これは一度目の焼成のときに呉須で吹き墨をしています。まあるく切った紙を何枚もおき、
大きな水玉模様にしています。
d0069411_2055747.jpg


夏も終わった・・・

デザイン提供ー陶画舎ー

☆中国語の文章・・・・
[PR]
by nihao_keikoo | 2011-09-19 20:12 | 絵付けを愉しむ

<赤絵小紋柄コーヒーカップ>

赤絵と金彩のコーヒーカップ。

曲面に細かい柄を描くのはとても難しい。
七宝柄と麻の葉ですが、濃淡をつけて変化を出したつもりです。

d0069411_21492959.jpg



ーデザイン提供陶画舎ー
[PR]
by nihao_keikoo | 2011-08-19 21:52 | 絵付けを愉しむ

てっせん

<てっせん 夏向きの長皿>

7月18日 海の日
久しぶりの更新になってしまいました。

てっせんの長皿。
二回焼成しています。

まずはイングレーズで枝や葉っぱの線を描き、染付ブルーの部分を仕上げて一回目の焼成。

二回目は、朱赤や黄色で花や葉っぱを描いていきます。

d0069411_11524752.jpg


白い花は輪郭や花びらの真ん中の線をを朱赤で描き、芯を黄色で塗ります。
赤い花は中心からぼかしています。このぼかしが難しくて描いては消し、描いては消しとめげそうになりました。

d0069411_11525538.jpg


この花は花弁の先からぼかしを入れています。
思ったよりぼかしがきれいに出ていました。

d0069411_1153423.jpg




-デザイン提供陶画舎-
[PR]
by nihao_keikoo | 2011-07-18 12:11 | 絵付けを愉しむ

色絵付け

<石榴と風車のような小紋柄>

二回焼成しています。

一回目は鉄赤で石榴や花の輪郭、周りの小紋柄のラインだけを描き焼成し、二回目に花や石榴の絵、そして小紋柄に上絵の具で色をのせ、金彩を施して焼いて出来上がりです。

d0069411_1956117.jpg


d0069411_1956459.jpg


周りの小紋柄は時間がかかりました。朱赤でラインを描いて、緑の絵の具をのせる作業が疲れました。


「デザイン提供:原宿陶画舎」

★中国語で
[PR]
by nihao_keikoo | 2010-10-17 20:10 | 絵付けを愉しむ

そめ付け

<金魚と風鈴の染付鉢>


大変久しぶりの更新です。随分さぼってしまいました。

しばらく開かなかったらコマーシャルまで入ってしまって・・・・。
どうやったら削除できるのでしょうか・・・。

さて、これは8月に描いた金魚と風鈴の鉢です。

d0069411_1857729.jpg


磁器の素焼きの鉢に鉛筆で輪郭を描き、だみ筆を使って呉須で色をのせていきます。

d0069411_19132425.jpg


紅の金魚も描きました。


- 陶画舎 夏の講座より -

★中国語で
[PR]
by nihao_keikoo | 2010-10-17 19:38 | 絵付けを愉しむ

色絵付け

<染付蛸唐草文>

内側の白抜きの蛸唐草は墨はじきの技法です。
油性マジックで素焼きの鉢に唐草を描き、その上から呉須を平筆でたてに塗っていきます。
マジックで塗った部分が白抜きになりました。撥水剤の役目するのだと思いますが、完全にはじくわけではなく、呉須がうっすらとのります。

呉須で描いたら800度で焼成し、赤絵の具で上絵付けをして透明をかけて2度目の焼成。

d0069411_1432680.jpg


高台の周りにも小さな蛸唐草を描きました。

d0069411_1422124.jpg



鉄赤の縁取りが素朴。

d0069411_14325361.jpg


「デザイン提供:原宿陶画舎」
[PR]
by nihao_keikoo | 2010-06-20 14:51 | 絵付けを愉しむ

色絵付け

<はなのワインカップ 二種>

4月1日。寒さに震えていた代々木公園の桜も、今朝見たらほぼ満開です。

さて、ふたつのワインカップに花の絵を描いてみました。
ぐるっと全体に描いてあります。
左は秋の花、右は春に咲く花。
d0069411_18264976.jpg


絵付けの本や、好きな作家の絵などを参考にして描いてみました。
d0069411_1827499.jpg


和水仙、黄色い梅の花。向こう側は桔梗ともみぢ。
d0069411_18271760.jpg


白と紫のふじの花です。向こうの赤いのは藤袴。
d0069411_18272618.jpg


ピンクの椿。なぜか春のカップにもみぢです。
d0069411_18273677.jpg


予定では朱赤で細くシュッシュッっと草を描くはずでした。湾曲している器に細い線を描くのはとても難しく、描いては消し、描いては消しで、あまり繰り返すと汚くなってしまいますから、残念ですけど諦めました。
いつか描けるようにがんばろう。
[PR]
by nihao_keikoo | 2010-04-01 18:48 | 絵付けを愉しむ